ホーム > ファイル > WPDShServiceObj.dll とは?

WPDShServiceObj エラーを修復する方法

本当のWPDShServiceObj.dllファイルはMicrosoftMicrosoft Windows Operating Systemの構成要素です。

WPDShServiceObjWindows Portable Devices Shell Service Objectという意味です。

WPDShServiceObj.dll は、ウインドウズのDLLファイルです。DLLは Dynamic Link Library (ダイナミックリンクライブラリ) の略です。DLLファイルはプログラムコードやデータ、リソースを含み、プログラムやWebブラウザの拡張機能に必要なファイルです。 フリーファイル情報のフォーラムでは、WPDShServiceObj.dll が削除できるウィルスやトロイの木馬、スパイウェア、アドウェアかどうか、Windowsシステムに属するファイルなのか、または信頼できるアプリケーションなのかといった情報を提供しています。

WPDShServiceObj.dll のエラーを修復する方法

  1. 無料版のWindows 修正ツールを使って問題の原因を特定してください。大抵の問題は特定できます。
  2. WPDShServiceObj.dllをアップデートしてください。 アップデート情報はメーカーのWebサイトで確認できます。(次の記事を参照してください)
  3. 次の記事で WPDShServiceObj.dll の機能に関する詳しい情報をご覧ください。

WPDShServiceObj.dllファイル情報

Windows Portable Device Shell Service Objectは、Microsoft (www.microsoft.com) 製ソフトウェアの Microsoft Windows Operating System に帰属します。

説明: Windowsポータブルデバイスシェルサービスオブジェクトは、MP3プレーヤー、スマートフォン、そしてデジタルカメラなどのポータブル機器のシステムサポートを提供する、マイクロソフトWindowsオペレーティングシステムのコンポーネントです。Windows自身の他のコンポーネントのように削除するべきではありません。削除した場合システム使用時にエラー発生の可能性があります。

詳細な情報: ‘Windows は、WPDShServiceObj.dll を必要としません。 WPDShServiceObj.dll ファイルは、C:¥Windows¥System32フォルダー にあります。 Windows 10/8/7/XP上の既知のファイルサイズは、133,632バイト (全使用領域の 97%)、133,120バイトまたは52,224バイトです。 https://www.windowsfiles.jp/fairu/wpdshserviceobj.dll.html 
プロセスは可視ウィンドウがあります。 Windowsが起動すると、このプロセスが開始します。 (レジストリキー: ShellServiceObjectDelayLoadを参照ください。) これはWindows のコアファイルではありません。 このファイルはマイクロソフトの署名付きファイルです。 このため、テクニカルセキュリティ評価では1% 危険です。

推奨される対策: WPDShServiceObj.dll に関連する問題の特定

重要: 特に、このファイルが C:\Windows\System32 フォルダーに存在しない場合、 WPDShServiceObj.dll に成り済ましたマルウェアである可能性があります。ですから、WPDShServiceObj.dll のプロセスをチェックして、このファイルが脅威であるかの確認をお勧めします。このサイトでは、コンピューターのセキュリティ-確認に セキュリティー タスク マネージャを推奨しています。


ユーザーコメント

ユーザーコメントはまだありません。 最初のコメントを書いて、この情報を探してる人に協力しませんか?
145 人のユーザーがこのファイルの情報をリクエストしています。
上記以外に WPDShServiceObj.dll についてご存知であれば、情報を書き込みして他のユーザーをヘルプしてください。

WPDShServiceObjの問題が解決できる最善策

クリーングパソコンはWPDShServiceObjに関わる問題が解決できる重要なことです。これはマルウェアーをスキャンしたり、あなたのハードドライブをcleanmgrsfc /scannowを使って掃除したりすること。そしてプログラムのアンインストールで、もう要らないファイルを消去したり、msconfigで自動スタートプログラムをかくにんすることと、ウィンドウズの自動アップデートに設定することを意味します。何よりも、定期的なバックアップと、リセット時点を設定することを忘れてはいけません。

もし、実際に問題が起きた場合、最後にしたことを思い出してください。それとも最後に設置したプログラムを思い出してください。resmon命令を使って、問題を起こしているプロセスを確認することができます。深刻な問題でも、ウィンドウズを再設置するよりは、リペアした方がいいです。ウィンドウズ8以上のバージョンではDISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth 命令を使えます。この命令語は失われるデータなしにOSをリペアしてくれます。

WPDShServiceObj.dllプロセスを分析する時、次のプログラムが役に立ちます。セキュリティー・タスク・マネジャーはウィンドウズの実行中の作業を全部示します。のみならず、キーボードとブラウザを監視するインべデットプロセスや自動スタートプログラムも見せてくれます。このプログラムだけのセキュリティーリスク・ランキングは、あるプロセスがスパイウェアやマルウェア、トロイの木馬かもしれない可能性の制度を示します。Malwarebytes Anti-Malwareは寝ているスパイウェア、アドウェア、トロイの木馬、キーロガー、そしてマルウェアとトラッカーを見つけて消去します。

WPDShServiceObj のスキャナ

ダウンロード

セキュリティタスクマネージャ は、組み込まれた隠し機能(例えば、キーボードやブラウザ監視、自動エントリー)を含むWindowsタスクの全ての動作を表示します。ユニークなセキュリティリスクのランク付けで、このプロセスが潜在的に潜むスパイウェア、マルウェア、キーロガー、あるいはトロイの木馬である可能性を示します。

フリーのウイルス対策ソフトは、ハードディスクから休止中のスパイウェア、アドウェア、トロイの木馬、キーロガーなどのマルウェアや追跡ソフトを検知し削除します。セキュリティータスクマネージャに理想的な強化ツールです。

SpeedUpMyPCは、PCのシステムを無料でスキャン&クリーンアップし、さらにシステムの修復と最適化を行います。