ホーム > ファイル > Relive.dll とは?

Relive ウイルスを削除する方法

多くのウイルス対策ソフトは、Relive.dll をマルウェアと認識します。
フリーファイル情報フォーラム はウイルスの削除方法について情報を提供しています。このファイルについて他の情報をお持ちであれば、ヒントやコメントを投稿してください。

ここをクリックして Relive.dll ワームの有無を検査する。

Relive.dll のエラーを修復する方法

  1. 無料版のWindows 修正ツールを使って問題の原因を特定してください。大抵の問題は特定できます。
  2. Microsoft Corporation Windows DLLをアップデートしてください。 アップデート情報はメーカーのWebサイトで確認できます。(次の記事を参照してください)
  3. 次の記事で Relive.dll の機能に関する詳しい情報をご覧ください。

Relive.dllファイル情報

Microsoft Corporation Windows DLLは、Microsoft (www.microsoft.com) 製ソフトウェアの Microsoft® Windows® TM に帰属します。

説明: ‘Relive.dll は、Windows にとって重要ではないファイルで、しかも高頻度で問題が起こります。 Relive.dll ファイルは、"C:¥Program Files¥Common Files"フォルダー にあります。 Windows 7/8/XP上のこのファイルのサイズは、14,895バイトです。 http://www.windowsfiles.jp/fairu/relive.dll.html 
このdll ファイルは、インターネットブラウザを起動すると、自動的に動作するブラウザヘルプオブジェクト(BHO)です。 BHO は、パーソナルファイアーウォールで停止できません。 それは、ファイヤーウォールにブラウザそのものと認識されるからです。アドウェアやスパイウェアは、よくこの BHO を使います。 このBHOのユニークIDは、D3626E66-B13B-C628-ACDF-BDABCFA265E1またはA1626E66-B26B-C628-A1DF-BDACCFA26EE1またはE3616E66-C13B-2628-2CDF-EDABCFA235E1またはD7515C61-A66C-4319-A0E0-D416CB8059E3です。 このプロセスには可視ウィンドウがありません。 インターネットエクスプローラーの動作を変更したり、監視することが可能です。 このサービスには詳細な説明がありません。 これはWindows のシステムファイルではありません。 Relive.dll圧縮ファイルのようです。 このため、テクニカルセキュリティ評価では66% 危険です。

重要: Relive.dll のプロセスをチェックして、このファイルが脅威であるかの確認をお勧めします。このサイトでは、コンピューターのセキュリティー確認にセキュリティー タスク マネージャを推奨しています。


ユーザーコメント

ユーザーコメントはまだありません。 最初のコメントを書いて、この情報を探してる人に協力しませんか?
上記以外に Relive.dll についてご存知であれば、情報を書き込みして他のユーザーをヘルプしてください。

Relive のスキャナ

ダウンロード

セキュリティタスクマネージャ は、組み込まれた隠し機能(例えば、キーボードやブラウザ監視、自動エントリー)を含むWindowsタスクの全ての動作を表示します。ユニークなセキュリティリスクのランク付けで、このプロセスが潜在的に潜むスパイウェア、マルウェア、キーロガー、あるいはトロイの木馬である可能性を示します。

フリーのウイルス対策ソフトは、ハードディスクから休止中のスパイウェア、アドウェア、トロイの木馬、キーロガーなどのマルウェアや追跡ソフトを検知し削除します。セキュリティータスクマネージャに理想的な強化ツールです。

SpeedUpMyPCは、PCのシステムを無料でスキャン&クリーンアップし、さらにシステムの修復と最適化を行います。