ホーム > ファイル > api-ms-win-core-memory-l1-1-032.dll とは?

api-ms-win-core-memory-l1-1-032 ウイルスを削除する方法

一部のアンチ・マルウェアプログラムはapi-ms-win-core-memory-l1-1-032.dllをインターネットエクスプローラー[例として TrojanDownloader:Win32/Tracur.Bまたは TrojanDownloader:Win32/Tracur.Q (◌◌◌◌◌マイクロソフト)、とTrojan.Win32.Searches.ssまたは HEUR:Trojan.Win32.Generic (◌◌◌◌◌カスペルスキー)]に有害なものだと判断します。このようなアドオンは広告を表しながら、あなたのパソコンを遅くしたり、ウイルスやエラーの原因になる恐れがあります。もしあなたはAIDEX Runtimeソフトウェアを設置したことがないと思うかもしれません。これは、多くの場合、YoutubeダウンローダーやPDFコンバーターのようなフリーウェアを設置するとき、一緒に設置されます。AIDEX Runtimeについて詳しい情報と削除方法を確認できます。

ここをクリックしてAIDEX Runtimeマルウェアを自動的に削除できます。

api-ms-win-core-memory-l1-1-032.dll のエラーを修復する方法

  1. 無料版のWindows 修正ツールを使って問題の原因を特定してください。大抵の問題は特定できます。
  2. AIDEX Runtimeをアップデートしてください。 アップデート情報はメーカーのWebサイトで確認できます。(次の記事を参照してください)
  3. 次の記事で api-ms-win-core-memory-l1-1-032.dll の機能に関する詳しい情報をご覧ください。

api-ms-win-core-memory-l1-1-032.dllファイル情報

AIDEX RuntimeまたはDynamic Link Run Time Library (VCL MT)またはXerces XML DOM Interfacesは、AIDEX TeamまたはInprise (www.borland.com)またはBorland Software (www.borland.com) 製ソフトウェアの AIDEX SDKまたはBorland C++ BuilderまたはBorland Delphi に帰属します。

説明: ‘api-ms-win-core-memory-l1-1-032.dll は、Windows にとって重要ではないファイルで、しかも高頻度で問題が起こります。 api-ms-win-core-memory-l1-1-032.dll ファイルは、C:¥Windowsのサブフォルダー にあります。 Windows 10/8/7/XP上の既知のファイルサイズは、346,624バイト (全使用領域の 66%)または453,632バイトです。 https://www.windowsfiles.jp/fairu/api-ms-win-core-memory-l1-1-032.dll.html 
このdll ファイルは、インターネットブラウザを起動すると、自動的に動作するブラウザヘルプオブジェクト(BHO)です。 BHO は、パーソナルファイアーウォールで停止できません。 それは、ファイヤーウォールにブラウザそのものと認識されるからです。アドウェアやスパイウェアは、よくこの BHO を使います。 このBHOのユニークIDは、1DDB57B8-431B-C112-94E8-355FDCE9E95FまたはCC5290AF-4A54-E76C-0183-3E3ED9A61632またはその他のファイルサイズが6個です。 このファイルは、Windows フォルダー内にありますが、Windows のコアファイルではありません。 プログラムには可視ウィンドウがありません。 インターネットブラウザを監視することができます。 このサービスの詳細説明はありません。 これはWindows のコアファイルではありません。 このため、テクニカルセキュリティ評価では72% 危険です。

推奨される対策: api-ms-win-core-memory-l1-1-032.dll に関連する問題の特定

C:¥\のサブフォルダー に api-ms-win-core-memory-l1-1-032.dll がある場合のセキュリティ評価は73%危険です。ファイルサイズは177,152バイト (全使用領域の 50%)または241,664バイト です。このプロセスには可視ウィンドウがありません。 インターネットエクスプローラーの動作を変更したり、監視することが可能です。 このサービスの詳細説明はありません。 これはWindows のシステムコンポーネントではありません。

重要: マルウェアが、api-ms-win-core-memory-l1-1-032.dll に成り済ますことがあります。ですから、api-ms-win-core-memory-l1-1-032.dll のプロセスをチェックして、このファイルが脅威であるかの確認をお勧めします。もしAIDEX Runtimeが検索エンジンとスタートページを変更した場合、次の過程により初期値に戻すことができます。

インターネット エクスプローラーを初期値に戻す。
  1. インターネット エクスプローラーでツールメニューを開けるためにAlt + Xのキーを押してください。
  2. インターネットオプションクリック
  3. 詳細設定クリック
  4. リセット...ボタンをクリック
  5. 個人設定を削除するにチェック
この過程により、インターネット エクスプローラーは初期値に戻ります。これからブラウザは、ポップアップ広告やクッキーなしに、見慣れているページと検査エンジンでスタートします。ただ、追加機能も一緒に削除されます。 [1] あなたのブラウザとパソコンをセキュリティタスクマネージャでもっと簡単に、もっと安全に掃除するのは以下かですか?


ユーザーコメント

ユーザーコメントはまだありません。 最初のコメントを書いて、この情報を探してる人に協力しませんか?
上記以外に api-ms-win-core-memory-l1-1-032.dll についてご存知であれば、情報を書き込みして他のユーザーをヘルプしてください。

api-ms-win-core-memory-l1-1-032の問題が解決できる最善策

次のプログラムは深層分析する時に役に立ちます。セキュリティータスクマネジャー は活性化しているapi-ms-win-core-memory-l1-1-032プロセスを調べて、何をするプロセスか教えてくれます。マルウェアバイツのanti-malware toolでは、api-ms-win-core-memory-l1-1-032.dllがシステムを遅くするポップアプ広告を含んでいるかどうか教えてくれます。このタイプのアドウェアは、一部のアンティウイルス・ソフトウェアでウイルスだと判断されないこともあります。それで自動的に消去されません。

クリーングパソコンはapi-ms-win-core-memory-l1-1-032に関わる問題が解決できる重要なことです。これはマルウェアーをスキャンしたり、あなたのハードドライブをcleanmgrsfc /scannowを使って掃除したりすること。そしてプログラムのアンインストールで、もう要らないファイルを消去したり、msconfigで自動スタートプログラムをかくにんすることと、ウィンドウズの自動アップデートに設定することを意味します。何よりも、定期的なバックアップと、リセット時点を設定することを忘れてはいけません。

もし、実際に問題が起きた場合、最後にしたことを思い出してください。それとも最後に設置したプログラムを思い出してください。resmon命令を使って、問題を起こしているプロセスを確認することができます。深刻な問題でも、ウィンドウズを再設置するよりは、リペアした方がいいです。ウィンドウズ8以上のバージョンではDISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth 命令を使えます。この命令語は失われるデータなしにOSをリペアしてくれます。

api-ms-win-core-memory-l1-1-032 のスキャナ

ダウンロード

セキュリティタスクマネージャ は、組み込まれた隠し機能(例えば、キーボードやブラウザ監視、自動エントリー)を含むWindowsタスクの全ての動作を表示します。ユニークなセキュリティリスクのランク付けで、このプロセスが潜在的に潜むスパイウェア、マルウェア、キーロガー、あるいはトロイの木馬である可能性を示します。

フリーのウイルス対策ソフトは、ハードディスクから休止中のスパイウェア、アドウェア、トロイの木馬、キーロガーなどのマルウェアや追跡ソフトを検知し削除します。セキュリティータスクマネージャに理想的な強化ツールです。

SpeedUpMyPCは、PCのシステムを無料でスキャン&クリーンアップし、さらにシステムの修復と最適化を行います。